結婚前にやっておくといいこと

1180000.jpg


私の周囲はだいたい半分くらいが結婚してまして、

既婚者と飲んだりすると、結婚後の話をいろいろ聞くわけですが

「やりたいことは、独身のうちにできるだけやっといたほうがいいよ」

と、よく言われます。



「別に結婚したって、やりたいことくらいできるだろう」

という考えは、どうやら甘いようでして

「お金」は家計に吸い取られ、

「時間」は家事手伝いに吸い取られている人が多いのです。



まぁ、これは「奥さんが家計管理」「共働き」という前提の話ですし、それなら

「彼氏の考えに理解のある女性と結婚すればいいじゃない」

と思われる方もいるかもしれませんが、どうやら







女性は結婚すると変わる







ということを割とよく聞きますので、

事前にそれを判断しても無意味な気がします・・。




仮に数十万円する高額セミナーに行きたくなったとして、それを相方に話したとすると、

独身で付き合ってる段階であれば

「勉強熱心だね!自己投資は大事だよね!」

と、応援してもらえるかもしれませんが、

結婚して子供が出来ると

「はいはい。それより洗濯物たたんでくれる?」

と、話すら聞いてもらえないかもしれません・・。




茶道も書道も剣術もやってみるなんて決意を、相方に話したとすると、

独身で付き合ってる段階であれば

「多趣味だね!アクティブだね!」

と、好感してもらえるかもしれませんが、

結婚して子供が出来ると

「は?寝ぼけてるの?」

と、怒られてしまうかもしれません・・。



全部やる」なんて昨日書いたわけですけど、

「お金かかること」と「時間かかること」は

独身のうちに着手しておこうと思う次第です。

続く・・
2012.01.18 | TrackBack(0) | Mind

全部やる

0117.jpg


「日本人たるもの、和な趣味を1つ位極めてみたい」という欲求が以前からあります。


今までに唯一やったことがあるのは書道で、これは学生時代に7年やってたので

また再開しようかと最初に思ったのですが、

新しいことにも挑戦したくなり、候補として挙がったのは

「茶道」と「真剣を使う剣術」。



どれをやろうかと悩んだわけですが、

「極めるほど熱中できるかどうか」はやってみないとわからないよね、

ということで、全部やりそうです。



実際やってみて、それが「熱中できない」ということがわかっても

それは「熱中できること」を見つけるために必要なムダ、なんです。

何でもやってみるの。うん。



年齢を重ねると、やらない言い訳を見つけるのが上手になってしまうので、

  関心もったことは、全部やる

くらいの気概で生きていきたいものです。

続く・・
2012.01.17 | TrackBack(0) | Mind

間接褒めの難しさ


継続したい習慣として、「褒め」の回数を毎日記録しておりますが、

間接褒めがとても難しいことを痛感しています。



直接褒めるのは、その場で"褒めポイント”を見つけて、すぐ言えばいいわけですが、

間接的に褒める場合は、その対象者の「褒めポイント」を見つけ、

あらかじめ仕込んでおく必要があります。

そう、普段からその人の長所を見つける習慣がないと、

継続的に間接褒めをしていくのは難しいのです。



あと、間接褒めは、強引にやろうとすると、その場の空気が微妙になります。

「ゴマすってんの?」

とか

「なんか裏があるんじゃないの?」

なんて思われたりする可能性が高いので、要注意。



普段から感じが良くて、周りをよく褒める人は、

おそらく相手の長所を見つける癖が自然に身についてると思いますので、

とてもうらやましい限りなのですが、

身についてない私は、意識して習慣化したいところです。


年末くらいには、毎日1人は間接褒めできるようになっていたいなぁ。


続く・・
2012.01.12 | TrackBack(0) | Mind

見えない内的な意欲


ダニエル・ピンクのTED講演「やる気に関する驚きの科学」より。

内容をざっくりまとめますと、、

科学が解明したことと、ビジネスで行われていることには食い違いがある。

科学が解明したことは、

 @ビジネスで当然だと思っている動機づけ(20世紀的な報酬)は
   機能はするが、驚くほど狭い範囲の状況にしか合わない

 Aif Then式の報酬は、単純な答えと明確なルールが有る場合は機能するが、
   21世紀の仕事のように、そうでない場合はクリエイティビティを損ねてしまう。

 B高いパフォーマンスの秘訣は、報酬と罰ではなく、見えない内的な意欲にある。
   自分自身のためにやるという意欲や、それが重要だからやるという意欲が大切。




自分のこれまでの仕事を振り返ってみても、

やはり内的な意欲に結びついた仕事のほうが、いい結果を出せている気がします。


内的な意欲(intrinsic drive)は"見えにくい"から気づくことも大事ですし、

気づいたら、それを行動に移すことも大事。

現在置かれている環境のしがらみで、気づいても実行できないことも多いですからね。



それにしても、プレゼン上手すぎますねー。見習いたい。

続く・・
2012.01.10 | TrackBack(0) | Mind

継続化への道のり −家計簿

P1020092.jpg

(青海駅から見た赤い空)



最後に、家計簿の継続について。

家計簿をつけ始めたのも、割と最近の話です。



以前は、家計簿つけるなんて面倒くさいし、

貯蓄意識が低すぎて、「生活できてればいっか」ぐらいの感じでした。



家計簿をつけるきっかけになったのは、ある年齢別の貯蓄額データを見たことです。

どのデータをみたのか正確には覚えていないのですが、

確かこれに近いようなものを見まして、





えっ、みんなこんなに貯めてるの!?





と、衝撃を受けた記憶があります。

その当時、恥ずかしながら、同世代の半分も貯蓄がなく、「これはヤバい」ということで、

家計簿をつけて、支出を減らして貯蓄を増やすことにしました。

(意識→行動のハードルは、一気に超えました)



利用しているのはココマネというサイト。

カードの引落しや電子マネーのチャージなどの入力もできて、とても便利です。

パソコン版は無料。



牛乳●●円、納豆●●円、と細かく入力するのは大変なので、

レシートの合計値を帰宅後に毎日入力してます(小さな行動にしました)。

入力時間は1分もかかりません。

レシートがないと支出の事実を忘れることがあるため、

なるべく現金払いはやめて、履歴の残る電子マネーとカード払いにしています。



現金・電子マネー3つ・銀行5行・カード3枚・証券会社1社・401k1社の

お金の履歴を1円単位でぴったり把握していると、

頭の中がスッキリして、とても安心できます。



現在、遅ればせながら鋭意貯蓄中です・・。



ココマネはとても便利ですので、よろしければ是非どうぞ!


続く・・
2012.01.07 | TrackBack(0) | Mind

継続化への道のり −日記A


昨日に引き続き。


昨日は真面目なことを書いてしまいましたが、

だからといって、ずっと前から日記を書いているわけではありません。

日記を書き始めたのは3年くらい前からです。



日記を書く意義については、昨日の文章ほどではないですが

 「日記って、つけといたほうがいいよねー」

くらいの意識は、以前からありました。


でも、書いていませんでした。

面倒くさいから・・




書くきっかけになったのは、営業マン時代のある習慣。

その頃、週報を書いて提出する必要がありまして、

1日に書く分量は少しですが、平日は毎夜にその日の仕事内容を書いていました。


その会社を退職したあと、夜にその日のことを振り返って書く必要がなくなったので

 「あ、もう書かなくていいのか」

と思ったのですが、それと同時に

 「替わりに、プライベートを毎日ちょっとずつ書いていこうか」

と、ふと思いました。


仕事内容については週報で書いていたわけですから、

「毎日その日のことを書く」習慣はあったわけです(強制力があったから)。

「日記って、つけといたほうがいいよねー」くらいの意識は以前からありましたので

週報の内容をプライベート版に置き換えてみることにしました。



それから、その日のいい出来事を1日1コGmailで書いて、Evernote宛に送り始めました。

書く量は以前よりだいぶ少なくしました。

週報は仕事だから強制力がありましたが、日記は強制力がありません。

3日坊主が怖かったので、小さく始めることにしました。

文章量はだいたい1-2行くらいなので、書く時間は3分もかからず、

週報を書いていたよりも楽だったので、無理なく続けられました。



その当時の文章は「日記」と呼べるものではありませんでしたが、

その後、書く内容が徐々に増えていって、本当の日記のようになり

今では1日15行以上書いています。



何事も最初は少しずつ始めるのがコツですよね。

いきなり大きく始めると、たいてい3日坊主になります。

習慣が定着してくれば、もっと量と質をUPしようと自然に思うものです。




ところで、日記の継続についての文章を書いていて、

 今、毎日続けていることに、新しい習慣を付加する

というやり方は、習慣の継続につながるのでは、と思いました。

私の日記の話は、「付加」というよりも「置き換え」なのでちょっと違いますが、

日常続けている、

 ・トイレ
 ・歯磨き
 ・風呂
 ・料理
 ・運動

などに、継続化したい習慣を少し加えてみるのです。

例えば、英語学習なら

 ・トイレ & 単語1コ暗記(単語本をトイレに置いておく)
 ・歯磨き & 単語2コ暗記(単語本を洗面所にも置いておく)
 ・風呂 & 防水TVで英語のDVD教材を見る
 ・料理 & 英語のニュースを流して耳を慣らす
 ・運動 & Speed Learningを聞く

といった感じに。

新しく時間を捻出する必要がなく、

加える行動を無理のないように少しに制限すれば、

無理なく続けられるのではないでしょうか。



ということで、先日、「運動」と「英語勉強」を同時にやってみました。

皇居ランの際、ipodで英単語を聞き、単語をブツブツつぶやきながら走ってみました。



そしたら、単語の暗記に気を取られすぎて、




前を走っていた女子に、ぶつかりそうになった。





うっかりぶつかって、


 「きゃあ、変態!」


と、叫ばれて










逮捕










にでもなったら、人生おしまいです。



掛け持ち行動も、ほどほどにします・・。


続く・・
2012.01.06 | TrackBack(0) | Mind

継続化への道のり −日記@


運動シリーズに続いて、日記の話。

まず、日記を書いている背景について。



どこで聞いたのか全く覚えていないのですが、

 「人生とは思い出作り」

という言葉を聞いたことがあります。


人は誰しも幸せになりたいと願っていますが、

幸せとは「思い込み」だと個人的に解釈しています。

私が幸せを感じるときは、例えばこんなような、割と日常の小さな出来事だったりして、

そういう出来事は、忘れずにいつか懐かしく思い出したいものです。



しかし、悲しいことに、人は忘れる生き物。

 「小学校5年生の思い出を50個あげてください」

と言われて、サラサラと50個以上書ける人はほとんどいないでしょう。

私も、運動会、遠足、家族旅行、等の大きな行事を除くと、それほど覚えていません。



それに、記憶は自分の都合のいいように書き換わることもあるようですので

うろ覚えの記憶は正しいのかどうかも定かではありません。



でも、その当時、楽しかったり、大笑いした出来事は数限りなくあったはずです。

ちょっとした書き残しがあれば、それをきっかけにおそらく思い出せるはずなのに

それができないのは、人生の大きな損失だと思っています。



老後になって、自分の人生を振り返ったときに

 「大きな出来事しか思い出せない・・」

というのは、ちょっと悲しいですよね。

だから、日記を書いています。




1年書き続けると、(当たり前ですが)1年前の日記を読むことができます。

これはけっこう楽しい。

いい思い出も、悲しい思い出もありますが

ひっくるめて人生なので、日々の出来事と感じたことを淡々と書き綴っています。




明日に続けます。

続く・・
2012.01.05 | TrackBack(0) | Mind

お金で時間を買う −ヘリ


新年ですので、(妄想を膨らませて)豪華にヘリのお話を。


都内⇔成田空港への移動にヘリが使えることを知ったのは、

MCASのサービス開始のときです。

開始当初は、期間限定価格で安くなっていたのですが、

今はなんと片道28万円以上になってました・・。


期間限定価格のときに利用された方のブログを拝見しましたが、

その当時に思い切って利用してみればよかったな・・と後悔。

思い立ったが吉日、です。


7万円なら、清水の舞台から飛び降りるつもりでなんとか利用しようと思えますが

28万円だと、清水の舞台から飛び降りたらそのまま死んでしまう


セルフイメージのアップなどと言ってる場合ではありません。命は大切に。



さて、時間を比較してみます。

成田エクスプレスだと新宿駅から約1時間20分、東京駅から約1時間。

ヘリだと、飛行時間は20分で、あとはヘリポートからの車移動時間が加わるイメージ。

思っていたほど時間は短縮できなそうです。

しかし、ヘリは移動時の快適性が格段に違うのでしょう。




私には無縁の話だったな・・と思っていたら、

震災対策フライトプランというのを発見。

これ、成田空港への移動よりも重要なサービスかも。

損金になるなら節税対策にも使えますし。

中古のベンツを買ってる場合ではありません。



今日も都内で震度4の地震がありましたが、

いつ南関東直下地震が起こるかわかりません。

都心で大震災があったら、電車は止まります。

道路が寸断されて車も使えなかったら、遠くに高速で逃げるにはヘリしかありません。

これはすごいリスク対策商品ですね!


しかし、震災時に現在地からヘリポートまでどうやって移動すればいいのか。

それはもう走るしかないでしょう。

最後は自分の肉体しか頼れません。

そう、こういう非常時に、普段から運動している人は生き延びる確率が高まります。

さらにトレランをやっている人は、岩場でも走れる厚底シューズを

自宅に保管していますから、道路に破片が散乱していてもへっちゃらです。



やっぱり運動って大事ですな・・




・・などと妄想し続けた、実家での元旦でございました。

続く・・
2012.01.01 | TrackBack(0) | Mind

お金で時間を買う −パソコン

P1020095.jpg

CLASKAから見た東京タワー)



先日、自宅のデスクトップのメモリを増設しました。


パソコン遅くなったなーと思って、タスクマネージャー見てみたら

コミットチャージが物理メモリを大きく超えてるのを発見。

増設作業が面倒くさくて、しばらく放置してましたが、

冬休みに入って時間ができたので早速増設しました。


ちょっとした時間ロスが、積もり積もれば結構な時間になりますからね。



今回は1GB×2枚を購入。

メモリーって買うたびに、価格の下落に驚かされます。


続く・・
2011.12.31 | TrackBack(0) | Mind

お金で時間を買う −睡眠

P1020102.jpg



3日前にマットレスを買い換えました。

今年の夏頃から、マットレスがちょっとへたってきたなーと思いながらも

 「ま、いっか」

と、先送りしていたのですが

睡眠の質が下がれば、レム睡眠が増えて睡眠時間が余計に必要になることに気づいて

お金で時間を買わねば、と慌てて購入しました。



それにしても、マットレスというのはよくわからない業界ですね。

WEBでいろいろ情報を見てみても、結局何が良いのかよくわからず。

実際の店舗で寝てみても、大塚家具にあったお高い"シモンズ"や"シーリー"よりも

ニトリにあった廉価版の"シーリー"や"フランスベッド"のほうが、

体にしっくりきてしまいました・・。



"味音痴"という言葉があるけど、私は寝音痴なのでしょうか。



さらに、1回寝てみてフィットしてると感じても、

数ヶ月経ったら「違ったわ・・」ということもありえます。

結局、「買って長いこと寝てみないとわからないよね」という

当たり前の結論に至ってしまいました。



どうしたものかと思案していたところ、

100日返品保証」という素敵なサービスをやってるお店を見つけたので、

今回はそこで購入。

3ヶ月寝てみてフィットしなければ返品すればいいので、

顧客目線の親切なサービスですよね。


シーリーやシモンズも製品に自信あるなら、同様のサービスをやってくれないかなー。

続く・・
2011.12.30 | TrackBack(0) | Mind

お金で時間を買う −住宅

P1020100.jpg



これはかなり意識していることですが、職住近接について。

こちらの記事にもありますが、

 通勤時間が30分延びると、時給5000円(ざっと年収1000万円くらい)、
  月20日勤務で計算すると、毎月10万円損をしている


年収500万円でも約5万円損をしていることになります。

これは大きい。



私の場合、職住近接については意識が高いほうだと思います。

なぜなら、学生時代に長時間通学を7年もしていたから。

高校は往復3時間40分、大学は往復3時間。

こんなことを7年もしていれば、「会社員になったら、絶対に会社の近くに住もう!」

という思いが異常に増幅されます。



新卒で入った会社は寮でしたので、住居の自由はありませんでしたが

転職して住む場所を選べるようになったときは、

オフィスに近くて安めの都心物件を血眼になって探しました。

何しろ、私には7年の積年の想いがあるのです。

文字通り"血眼"になって、安い年収でも借りれる都心物件を探した記憶があります。

必死に探せば何とかなるもので、都心にしては安めの新築物件にありつけました。



その後、通勤場所は数回変わりましたが、

一番近い時はオフィスが隣駅で歩いて通えたときもありました。

今のオフィスはドアツードアで30分。

理想を言えば、今のオフィス側にまた引っ越せばいいのですが

直行で自宅近くの会社に立ち寄ることも多いですし、

電車は空いてて、だいたい座れるので、不便は感じていません。



住み始めてもう7年目ですが、全く引っ越す気が起きないのが悩みどころ。

人が変わるには時間配分・付合う人・住む場所のどれかを変えるしかないので

そろそろ引っ越す必要があるかなぁ、と感じる今日この頃。


続く・・
2011.12.29 | TrackBack(0) | Mind

お金で時間を買う −タクシーA

20111228.jpg


人生初のタクシー通勤を実践!

まず、携帯で自宅近辺を走ってるタクシーを検索し、ベンツを選んでドライバーに電話。
(ベンツを選択しても一般車と料金は変わりません)

そして、自宅側の交差点に来てもらいます。
(車内にナビがあるから、住所を言えばマンションに横付けしてもらえます)

到着したら携帯に連絡が入るので、おもむろに出かけて、

車に近づくと、さっとドアを開けてくれます。とっても親切。



恥ずかしながら、これが人生初ベンツ・・。

ここぞとばかりに車内を隅々まで観察。ざっと特徴を上げると、

 ・テレビ見れる

 ・後部席の左右それぞれで温度調整可能

 ・見たことない冊子が置いてある

 ・広告の類が一切無く、すっきりとした広々空間

 ・ドライバーが素敵(言葉遣い/気遣い/運転技術)

ということで、とっても快適。



車内では、継続習慣を実践(話しかけ&褒め)。

今回は、ドライバーさんとずっと会話してしまいましたが

車内で英語学習すれば、継続習慣の3つは完了ですね。

ついでに、車内で腹筋でもしておけば全部完了です(?



問題点は電子マネーが使えないことでしょうか。

現金は面倒ですし、クレジットカードでは時間がかかります。

支払いの時間を短縮するにはタクシーチケットしかありません。

タクシーチケットなんて考えたこともなかったですが、どこで買えるのか調べてみます。



到着したら、当然のようにドアを開けてくれてお見送り。

なんて素敵なの!



さて、今回のタイトルは「お金で時間を買う」なので、費用対効果を考えてみます。

電車通勤の場合、地下鉄190円で30分。

今回のタクシー通勤は、3940円で35分。










時間増えてる










そう、通勤時間削減のために都心に住んでるのだから

通勤にタクシー使っても意味なかった・・orz

まぁ、セルフイメージのアップにつながったし、良しとしますw



せっかくなので、電車通勤だと1時間、タクシー通勤だと30分になるというケースを想定してみます。

 往復8000円 × 22日出社/月 = 176,000円

今、実践したら










家計崩壊










間違いなしですが、ハイヤーよりは現実的な数字ですね。



しかし、通勤時に高級車輌が自宅近辺を走ってないリスクも考えられます。

でも、大丈夫。

毎日利用していれば

「あいつ、また利用してくれないかな」

と、私の自宅・会社近辺をうろうろしてくれるはずです。

なぜなら、褒めるから。

誰しも褒められて嬉しくないはずがありません。

日本人が1.2億人いても、タクシードライバーを褒めまくる客はそういないでしょう。

吸い寄せられるように、自宅と会社近辺を定刻にうろうろするようになってくれれば

擬似的なハイヤー状態を形成できます。

理想型!




・・と、そんな誇大な妄想はともかく、とても快適だということはわかりましたので、

仕事中の移動で、近くに高級車が走ってたら利用することにします。

そうすれば、「時間短縮&セルフイメージアップ」の一石二鳥ですね。

続く・・
2011.12.28 | TrackBack(0) | Mind

お金で時間を買う −タクシー@

P1020098.jpg




タクシーを使うのは、「移動中にPC作業をしたい時」に限られていましたが

"お金で時間を買う"感覚を鋭敏にするために

これまでなら乗らないシーンでも乗ってみることにします。



しかし、正直に言ってタクシーはあまり好きではありません・・。

理由は、

 ・車内が煙草くさいことがある

 ・運転手が感じ悪いことがあり、こちらに伝染する

 ・運転手が道を知らなくて、私が道案内をかなりしないといけない場合がある

 ・年式の古い車だと、あまり快適さを感じない

等々。


なんか良い解決法はないものかと探していたら、良さそうなサービスを発見!

ということで、早速、明日タクシー通勤します。



ついでに、ハイヤー通勤したらどうなるかも調べてみたら、とんでもない数字が。

親近感を1ミリも感じないので、これは見なかったことにします・・。


続く・・
2011.12.27 | TrackBack(0) | Mind

小さな習慣の開始

P1020096.jpg



今日から、以下の行動記録をつけていきます。


@英語

しばらくの間、未来への投資活動の中心。

これまで、挫折したこと数限りない・・。

今度こそ習慣づきますように。



勉強法は多々ありますが、こちらを参考にして、発音からやっていくことにします。


今日はphonicsの書籍購入、ラングリッチのアカウント開設・レッスン予約、skypeの開設を。





A褒め

周囲の人を褒める習慣が全く身についておりません。

褒めるのって難しいんですよね・・。



周囲の人を褒めたり、尊重したりできる大人になりたいので、

自分の意識を高めるためにこちらも記録を付けていきます。

会っている人を直接褒めるのと、いない人を間接的に褒めるのは別カウントで。



今月の目標は、まずは毎日一人。

なお、今日は誰も褒めてないません・・。いかん。





B運動

これは既に習慣化に成功済(毎日ではないけど)。

日々どのくらいのトレーニングをすると、どのくらいの成果が出るのかについて

参考になる方がいるかもしれないので、こちらも記録をつけていきます。



後日、習慣化に成功した理由や、今後の目標などを書いていこうかと。


今日は筋トレのみ(カーフレイズ、スクワット、レッグランジ)


2011.12.26 | TrackBack(0) | Mind

今日というこの日のこと

111225.jpg


クリスマスの3連休はセミナーに参加しました。

自分の"あり方"について深く考え続けた3日間でした。
(皆さま、ありがとうございました!)




電車での帰宅中、NHKのスティーブ・ジョブズ特集をワンセグ録画で見ていたら、
番組内で"Think different."が流れる。

 自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから

縁遠い世界の人達の話だけど、彼らもまずは変えられると認識
変化後の世界を目標に設定したから実現できたんですよね。




帰宅後、クリスマスの約束をBGMにしてパソコン作業をしていたら、東芝のCMが。



ほのぼのしますね・・。

家族揃ってのラジオ体操なんて特に。




10年、3653日。
10年前は想像しなかった自分。

今日から始めた小さな行動は、10年後の私を明るく照らしていることだろう。



10年後、描いた未来にどれだけ近づき

今日というこの日のことを、どう懐かしく振り返るのだろう。


2011.12.25 | TrackBack(0) | Mind

ありがとう


image/2011-01-27T13:35:33-7.jpg

あなたがいたから、今の私があります。

今まで本当にありがとう。

あの空の向こうから見ていてほしい。







2009.10.30 | Mind

優先順位


社長ブログってホント増えましたね。

IT系のベンチャー企業の社長は、
ブログを書かなければいけないかのようです。

で、いろいろとブログ記事を読んでいて、
気になったことがひとつ。
 続く・・
2007.12.08 | TrackBack(1) | Mind

右脳・左脳


時計回り、反時計回り、どちらにに見えますか?
http://www.news.com.au/common/imagedata/0,,5693171,00.gif

時計回りの人は左脳派、反時計回りの人は右脳派だそう。

私は、時計回りなので「左脳」。

指組み、腕組みの診断でも「左脳」なので、完璧な左脳派・・。

左手を意識して使ったりして、右脳を刺激しようかなー。
2007.10.31 | TrackBack(0) | Mind

自己紹介


こんにちは!

下記、つらつらと自己紹介を。

続きを読む
2005.04.28 | Mind
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。