小型スーパー


日経MJより。

4月末開業した「東急ストアフードステーション大倉山店」のような小型スーパーは今の時世に合っていて今後都心で増えそう。


<ポイント>

・売場面積は351平方メートルで、郊外立地のコンビニを一回り大きくしたサイズ。

・品目数は約3500品目に絞る。

・店のキーワードは「Ready to eat」と「Ready to cook」

・店内の3分の1は、できたての総菜売り場や、「デパ地下」にあるようなブランドコーナー(コンビニとの差別化)

・店頭の催事コーナー(週替わり)で飽きさせない工夫

・弁当は女性の健康志向に応え、450gで500kcal以下を基準

・肉や魚の加工を近隣の店に任せることでバックヤードを縮小。

・チラシやPOPでの特売は実施しない。日配品2400品目中、1000品目はエブリデー・ロー・プライス。POP設置作業カット

・従業員は11人すべてが陳列、清掃、レジ業務等をこなす。(総菜だけ従業員を常時配置)


駅ナカにこんなスーパーがもっと増えて欲しい。
2010.05.24 | Comment(0) | TrackBack(0) | News

キーコーヒーが未払い賃金23億

ニュースはこちら

こんな会社はたくさんあるんでしょうなぁ。

業績が悪い場合は、同情の余地あるけど、黒字だし大企業だからねぇ。

未払いの理由が「外回りの営業活動など、勤務時間内で収まりきれないところが
あり、勤務管理に甘えがあった」ってことなんだが・・




理由になってます?
2007.10.29 | TrackBack(0) | News

コラボ・カフェ(コンフォートデザインシステム)

◆概要
空間シェア用のレンタルカフェ。

場所は、渋谷と表参道間にある青山通り沿いのビルの地下1階。
店舗面積は約35平米、客席数はカウンター席5席を含む全15席。

店内には、2層シンクやガスコンロ(2口)、電子レンジ、エスプレッソマシンなどの厨房機器、調理用の備品・食器各種に加え、プロジェクターやCD・DVDプレーヤー、レコードプレーヤーなども備え、将来カフェの経営を目指す人や作品展示スペースを求める人などを対象に、空間を貸し出す。

貸し出しは1日単位で、1日の利用料金は、スペース利用料=15,750円と備品使用料=3,150円を合わせた18,900円。
レンタル時間は10時〜21時。

続きを読む
2005.07.16 | TrackBack(0) | News

Wild CATS World(群馬サファリパーク)

◆概要
野生の生態をよりリアルに──。

プロムナード舎を改造し、ヒョウなど樹上に登る習性のある動物の展示スペースの一部を見学者の頭上に設け、真下から動物が観察できるようにリニューアル。

また、ライオンとホワイトタイガーの施設も新設。

動物を、高さ4m50cmの橋の上から観察でき、橋の真下では、約30cmの至近距離(フェンスとアクリル板越し)で、横から観察できる。
続きを読む
2005.05.23 | TrackBack(0) | News

Value Styleステーション(JOMO)

◆概要
「行ってみたくなる」「入りたくなる」「また来たくなる」をコンセプトとして開発したガソリンスタンド。

特徴は下記の3点。
@視認性を高めた統一感のあるデザイン
A安らぎや楽しみのためのスペースの設置
B接客サービスとクリンリネスの高品質化
続きを読む
2005.05.04 | TrackBack(0) | News

品川 AQUA STADIUM(EPSON)

◆概要
品川に4月8日(金)に水族館+屋内アトラクションの施設がオープン。

場所は品川プリンス内で、世界各国の海水魚(約300種類、20,000点)を集めた本格的な水族館。
また、水槽を360度囲む「イルカプール」や「アシカプール」の2つでショーを開催。
続きを読む
2005.04.01 | TrackBack(0) | News
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。