やる気を引き出す

113.jpg


1月11日放送の仕事学のすすめより。


<内容を一部抜粋>

新規事業の船舶事業部課長となった唐池さん(現社長)が、

社内で唯一、商船高専を出て船舶資格を持っていた山本さんを船舶事業へ誘う。


しかし、山本さんは、これまで一から積み上げてきたものを

うまくいくかわからない新規事業のために手放す気にはなれず、即座に断る。


業務命令として押し切ることも出来たが、

唐池さんは山本さんと2メートル以内の距離で何度も説得を続ける。


すると、

「キャリアの方が何回も足を運んでくれて、こんな末端の社員に頭を下げて・・」

という心境になり、山本さんから「行きます」と告げる。






本来であれば業務命令ですから、説得しなくても辞令一枚で済むわけですが、

  「命令一本・紙切れ一枚で、”じゃあ、君、明日から船舶事業だ”と言っても、

   本人のやる気がなければうまくいかない」

と、手間を惜しまずに、大企業の役職者が社員のやる気を重視したことがすごいですね。



大企業で、異動の際に辞令一枚で済まさずに、異動の意図を本人に説明し、

社員をやる気にした上で異動させている会社がどれだけあるでしょうか。



異動させる側も、それなりの考えがあって異動させるわけですが、

実際にその意図が異動者本人に伝えられることはあまりないのが実態なんですよね・・。



こういう姿勢は、自分の地位や役職に関わらず、見習っていきたいものです。


続く・・
2012.01.13 | TrackBack(0) | Witticism

孫社長から若者へのメッセージ


若いということは無限大の夢があって、

自分の持った夢に、自分の人生はおおむね比例する結果を生む

小さな夢だったら、その夢の範囲の中で80%達成できるのか50%なのか

夢はできるだけでかい夢を持ったほうがいい




夢を達成できる人とできない人の唯一の違いは

その夢をどのくらい心の底から達成したいと思うか

すごい強い決意をし、その夢の達成に向かって

恐ろしいまでの情熱で努力をしたか




夢の大きさは金額的な大きさでなくていい

「世界一おいしいパンケーキを作れる人になりたい」ということだって、でっかい夢であるし、

「世界一上手にピアノが弾けるようになりたい」 これもでっかい夢だと思う

どんな夢であれ、夢を描くのが自分の人生に対するビジョンだと思う

自分の夢も明確に持たずに、自分の人生に対するビジョンも持たずに

ただ生きていくために給料をもらいに行く

「でも現状それしかない」と言ってる間に、人生はあっという間に終わる。

「現実はこうだからと言って夢物語ばっかり語ってもダメ」

「目先の現実を踏まえて」とか言ってる人ほど

現実の世界から逃れられないまま、人生が終わる場合が多い。

現実が厳しいからこそ、自分の夢と人生に対するビジョンをしっかり持つべきではないか


志、高く―。


会社の歴史と未来


教育TVの「仕事学のすすめ」でのワタミ社長の一言。


会社の歴史に自分を重ねられる人

会社の未来に自分の夢を重ねられる人

会社らしさと自分らしさを重ねられる人


そういう社員は幸せだと思う。

気楽な生き方


頑張りすぎたり、無理しすぎたりせずに、肩の力を抜いてこう
と、「仕事学のすすめ」に出演してた秋元康さんを見て思った。

下記、抜粋。

・ほとんどの人がそんな強く生きられない。

・乗り越えられないから壁なのだ。乗り越えられたら、それは塀。
 →壁と出合ったら、右か左に動いて切れ目を見つける。

・自分には越えられない壁が世の中には存在する

・「これは無理だな」と思ったら、"自分に向いてない"と思う。

・成功 = 98%の運 + 1%の才能 + 1%の努力
 →失敗しても、それは才能や努力を否定されたのではなく、運なのだ。
 →運だから、次は私の番だ、と思い込む

・失敗や思い違いは必然だ、それがあるから次に行けるのだ、と思う
 →失敗はない。人生も仕事もデッサンなんだ。1本の線にあまり臆病になっちゃダメ。 

・自分1人ではポジティブシンキングに辿り着けない。両親と会話しよう。

・夢は全力で伸ばした手の指先の1ミリ先にある。

・自分は運がいいと思いこむ。


逆境でも精神的にうつにならないよう、自分でマインドコントロールできるようになりたいなぁ。

夢をつかむ法則


日テレの番組より。


■夢をつかむ法則その1

「子供には厳しく叱れ」
〜叱られる事で人を思いやる心は育つ〜

最近の研究で分かったことは『体の痛み』を感じる場所と『心の痛み』を感じる場所は
脳の同じ場所。前帯状皮質という所で感じるんだ。

「そして何とこの前帯状皮質で、もう一つ感じるものは、『他人の痛み』。

だから、前帯状皮質が叱られる事で痛みを感じれば「他人の痛み」にも敏感になり、
人を思いやる心、社会協調性をもたらすことになるんだ。

ただし、度が過ぎた体罰は子供の心に傷を残すので絶対ダメだよ。

続く・・

奇妙な国日本で、これから社会人になる人達へ


オルタナティブブログに素敵な記事があったのでメモ。

最高の人物


最高の料理とは、また明日も食べたいと思える物

最高の職場とは、また明日も働きたいと思える場

最高の人物とは、また明日も会いたいと思える人


(http://ameblo.jp/odamasayoshi/theme-10018871466.html)

人生と仕事


メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。

メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。

それを見たアメリカ人旅行者は、

「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」

と尋ねた。 すると漁師は

「そんなに長い時間じゃないよ」

と答えた。旅行者が

「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」

と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」

と旅行者が聞くと、漁師は、

「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。

夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。

「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。

いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。

そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。

そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。

「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」

「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

「それからどうなるの」

「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」

と旅行者はにんまりと笑い、

「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。どうだい。すばらしいだろう」

ハチドリのひとしずく


森が燃えていました

森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました

でもクリキンディという名のハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは火の上に落としていきます


動物たちがそれを見て

「そんなことをして いったい何になるんだ」

といって笑います


クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」

何によって憶えられたいか


私が13歳のとき、宗教の先生が、

「何によって憶えられたいかね」

と聞いた。誰も答えられなかった。



すると、

「今答えられると思って聞いたわけではない。
 でも50になっても答えられなければ、
 人生を無駄に過ごしたことになるよ」

と言った。


−ドラッカー名著集『非営利組織の経営』


本当の自分


本当の自分は、目の前の相手の中に感じる自分


人生の拠り所


If life has a base, it is a memory

−Virginia Woolf


社会実現


正解より回答

思考より試行

成功より成長

自己実現だけでなく社会実現も
→私は社会がこうあって欲しい。だから自分はこうなりたい


−駒崎弘樹「社会を変えるを仕事にする」




過去からの贈り物


現在は過去からの贈り物であり、未来への貯金でもある。


未来を信じること。

それが、気楽に生きる一番のコツだと思う。


−小山薫堂

長い旅の途上


人々は、時代を超えて、同じ旅をしているのだと思った。

きっと、人はいつも、それぞれの光を捜し求める長い旅の途上なのだ。


−長い旅の途上(星野道夫)



他の人に一生懸命サービスする人が、最も利益を得る人間である


自分は何をしてあげられるか?

どうしたら、相手が喜ぶのか?

いつもいつも、相手を喜ばせようとしている人は、
不平不満や、愚痴がないと言う。

何故なら、自分が自分が!どうして自分ばっかり!ではなくて、
自分以外の人にフォーカスし、サービスしているから。

一道を究めた果てに


一道を究めた果てに辿りついた心境・境地の共通点


1、楽天的
誰もが絶望するような状況にも光を見い出すことができる


2、感謝の念が強い
マイナスと思える出来事も
自分を成長させるために天が与えてくれたものと感謝できる


3、感動する
80歳になっても、90歳になっても
感動する心を失わず、その姿がそのまま人に感動を与える


4、神を信じている
特定な神ではなく、この世には人智を超えた大いなる存在があると
知っている。そういうものに敬虔の念、畏敬の念を持っている


始まる前の掛け声


Micheal Jordanがいた頃のChicago Bullsって、

試合が始まる直前、
確か、メンバーで手をあわせて


" What time is it ?

- It's winning time ! "


って掛け声かけてたと思うのだけど、

あれってえらいカッコよかったなぁ・・


ってなことを、ふと思い出す。

精神の姿勢のいい人


自分らしくいる。

自分でいる。

自分を静かに保つ。

自分を隠さない。

自分でいることに力まない。

自分をやたらに誇りもしない。

同時に自分だけが被害者のように憐れみも貶めもしない。

自分だけが大事と思わない癖をつける。

自分を人と比べない。


これらはすべて精神の姿勢のいい人の特徴である。


−曽野綾子(小説家)

自分の存在価値の再認識


こうしていることが、自分の幸せと直結していて、
誰も不幸にしていないからやっている。

自分が行う行為によって喜んでいる姿を見れば、
自分は人を喜ばす価値がある人間だって自己認識できる。

その自己認識を重ねていって
自分というもののイメージ・価値を作っている。

それが最も高い場所が僕にとってはここ。今は少なくとも。


−小児外科医 吉岡秀人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。